出会アプリ攻略情報を最近聞いた。その内容は・・・ハピメの日記と掲示板は結構使えるらしいですね。日記で人妻を釣った男性、掲示板で若い子を釣った男性。最近そんな話をチラホラ耳にはさみはしていたが、そんな美味しい話がまかり通るほど、現在の出会い社会は甘くない。そもそもただでさえサクラと呼ばれる業者の存在が増えてきて、純粋に出会いを求める事すら叶わない時代なのに・・・甘いウワサ話ほどひとり歩きするものだ。

しかし内容があまりにも気になったので、その話を煮詰めて蓋を開けてみればそこには本当に出会える世界が広がっていた。

という事で、今回は出会アプリ攻略速報!ハピメの日記と掲示板は結構使える!を紹介します。

出会アプリ攻略!「ハピメ」で日記と掲示板を1日1回使えば3日で女性と確実に出会える!?

出会アプリ、出会い系サイトの老舗ハッピーメールは日記と掲示板を1日1回使えば確実に女性と出会えて、さらに無料で利用できます。そんな話を始めて聞いた時、私は「そんな美味しい話があるはずがない。そもそもその根拠はどこにある?無料で簡単に出会える時代はもう終わっている。現代の出会いは少しの課金で上手に釣る。そんな時代だ」そんな言葉しか返せなかった私が体験した話を今回は紹介したい。

僕の友人は彼女がいない歴29年のオタクデブ。月給20万いかずで週休二日制のホーム用品販売店で働く世間一般的な男性。彼は彼女がほしいとこの29年間願い続けて来たが、持ち前のドン臭さと頑固さで女性の恋愛対象に入れず、乙女心も未だに分からない(理解しようとしていない)典型的な恋人が出来ない男だ。女性からしたらかなり重すぎる純粋な恋心を胸に週末は出会アプリ・出会い系サイトを漁り、そこで出来たメル友と食事や、会社の繋がりで出来た男女の飲み友達と飲む。しかし飲む事はあれど、やはりセックスまではいけず。挙句の果てには女性を好きになって告白しても、この歳にして内容が重すぎる。笑うしかないとでも言うのか、「冗談やめてよ。友達でお願いします。」と女性に笑われる始末。

セックスの経験に関しては、風俗店で経験済みであるが、恋に関しては未開封である。

人は恋人(異性)と一緒になって始めて完成する。恋は人を成長させる。とはよく言うが、そんな彼は女性に対してだけでなく、男性の友達(私)に対しても未完成である部分を曝け出す。一緒に食事に行こうものなら、見た目も学生のような格好でやってきて、服に汚れが着いていようが、気にしない。挙句には服が破れても何年も着る事が出来るという始末。女性と食事に行ったり家に行けば確実に嫌われるタイプだろう。

風俗で性的な童貞は解消できても、内部的な童貞は解消できないのだ。

そんな彼に呆れ果て、私は「彼は彼なりの生き様がある。」そう自分に言い聞かせていたついこの頃。彼から久しぶりに連絡があった。なんと恋人が出来たというのだ。それも出会った場所はハッピーメール。

私は「そんな所で出会った女性なんてマトモに付き合えるワケがない。第一に童貞バカ野郎が最初に付き合った彼女などすぐに終わる」と言えず、その場では「おめでとう。よく出来たな笑」と答えた。

すると、彼は上機嫌にというか、上から目線でというか、かなり自慢気に出会いの経緯に関しておすすめも含めて話し始めた。

出会アプリ攻略速報!ハピメの日記と掲示板は結構使える!【デブの恋物語】002

「出会アプリのハッピーメールの掲示板は1日1回無料だから。とか、出会アプリのハッピーメールの新規登録はかなり多くポイントがもらえるからしばらくは遊べる。出会いアプリは近所で探すと話が早くていい。使ってみろ。だとか、無料で使える日記を活用すれば普通に出会アプリでメッセージを送るよりも高反応だったからLINEでGPS情報を交換した。出会アプリからのLINEでGPSを上手に使ったおれは努力家で天才肌だろ。とか・・・」

言い出したらキリが無いが、結局私が感じたのは「彼女が出来ても面倒なヤツ」だ。そして、内容は薄っぺらくて何も響かないので割愛するが、「こいつの恋する気持ちは相変わらず重い。」である。

まあ、しかし表現は悪いがここまで世間の女性に見放された頑固で自慢ばかりする醜い男性を受け入れてくれる神様のような女性は、出会アプリに存在するという事である。そう考えたら出会アプリならどんな男性でも恋人が出来るような気もしない事はない。況してや世間一般的な男性であれば確実だろう。

その後、興味本位でハッピーメールの公式ページを確認したのだが、出会アプリのハッピーメールにはこう書いてある。

出会アプリ攻略速報!ハピメの日記と掲示板は結構使える!【デブの恋物語】002

「3日以内に出会えた確率74.5%!」この驚愕的な数値は確かな物なのかは定かでは無いが友人がこのような体験をしている以上、私からすれば本当に出会アプリのハッピーメールは出会える。と思わせられる。皆さんの中に私の友人と同じような境遇にある方がいたら一度利用してみてはいかがだろうか?