iphoneやandroidアプリには数多くの悪質アプリが存在しています。出会い系アプリでのサクラ被害やチャットアプリの詐欺被害で返金できる事をご存知ですか?

「騙された・・・」と思っても後の祭り・・・と泣き寝入りしない為に、今回は偽アプリから払い戻す方法を皆さんにご紹介いたします。

Google playのアプリ内課金払い戻し方法

アプリ内購入の払い戻しをリクエストする方法は、Googleサポートチームに返金の申請を行います。
購入タイプの選択は『アプリ内購入』を選択してください。

そして、払い戻しの理由をテキストに入力しましょう。通常アプリ内購入の払い戻しを行うかどうかはデベロッパー名であるアプリ運営者が判断をします。
アプリ内購入の配信はデベロッパーの責任となっているので手順としては必ず先にデベロッパー名(アプリ運営者)へ払い戻し申請を行っていきましょう。

アプリへの連絡先情報はアプリ紹介ページに記載されています。通常、メールアドレスと住所が記載されておりアプリによっては運営会社のホームページリンクも記載されているため連絡先を必ず提供元で確認の上、問い合わせを行ってください。

App storeに払い戻しを要求する方法

iphoneから払い戻し要求をする方法は、appleの『問題を報告する』サイトに接続してApple IDでサインインしてください。

払い戻したいアプリを探して、右サイドにある『報告する』というボタンをタップしてください。
『報告する』をタップすると、該当のアプリの下に『問題を選択してください』メニューが表示されますので、これを選択してタップしてください。
タップした後に、テキスト入力欄に払い戻したい理由を記入して『送信』ボタンをタップしてください。

PCから払い戻しをする場合は、『iTunes Store』に移動してください。
そして画面上に表示されているApp storeをクリックして、1番下にある『管理』から『アカウント』をクリックしてパスワードを入力してください。

そして、購入履歴の「全てを見る」をクリックします。その次に「問題を報告する」をクリックしてください。クリックしたら、返金を申し込みたいアプリの左横に表示されている「矢印」のボタンをクリックしてください。

ブラウザで専用ページが開くので、返金理由を入力してください。

入力し終わった後に、「送信」をクリックしてください。以上が、払い戻しを要求する方法です。

デベロッパーへの返金申請は粘り強い交渉が必須!

出会い系やチャットアプリ系のアプリ運営者は、ほぼ100%といっていいほどサクラ詐欺をしています。

理由はいくつかありますが、サクラを使わないとアプリ開発などに使った費用以上に稼げないからです。
YYCやASOBOアプリなどではサクラを使っていないケースがありますが、どのアプリにもキャッシュバッカーや割り切りや援デリ業者が潜んでいるといっても過言ではありません。

粘り強く何度も問い合わせをすれば、相手も問い合わせ対応で人件費などのコストがかかると判断すれば返金を行うパターンもあります。
また、ユーザーがGoogleに通報したりアプリレビューに悪い書き込みをされると直ぐに悪評が広まり稼ぐどころではなくなってきますので、ある程度のところで返金に応じるアプリもあるようです。

中でも出会い系アプリ業者が困るのはGoogleに通報される事を恐れています。
アプリを公開するためには、厳しいデベロッパーポリシーを守らなければなりません。その項目の中に『虚偽のふるまい』に関する項目があるため、ユーザーを欺くアプリは認められません。

したがって、悪質アプリを通報すれば公開されているアプリは非公開になりアプリ内課金も利用できなくなります。

そうなると、今まで行っていたアプリの運営が実質的に出来なくなります。

しかも、それだけでなく今までユーザーが入金したお金についてGoogleから運営者の口座への入金もストップされる場合もあります。

運営者への口座の入金は後払い制になっているため、この入金がストップすれば人件費や運営費、広告費が取り戻することができず大赤字になります。

その為、運営会社もユーザーからの返金要求に応じるケースがあります。