アメリカで爆発的な話題を呼んでいるポケモンGOが、とうとう日本でもiphone版とandroid版が配信されました。

しかし、公式のポケモンGOが配信される前に偽アプリが流出したことは記憶に新しいかと思います。
中には公式アプリの配信が待ち切れずに早く遊びたい一心で非公式アプリをインストールしたユーザーもいる様で、電話帳情報を抜かれたり個人情報を抜かれたりと悪質な偽アプリならではの特徴がみられました。

今回は出会い系アプリにも関連する偽アプリで、注意すべきポイントをご紹介いたします。

ポケモンGOでも!?気を付けるべき偽アプリの特徴

公式アプリの『ポケモンGO』にも共通する特徴があります。それは、『デベロッパー名とプライバシーを確認すること』です。

デベロッパー名とは?

デベロッパー名とは、そのアプリの開発者の事を指します。
アプリを作った会社や個人名がデベロッパー名になりますが、ポケモンGOも出会い系アプリも気を付けるべきポイントとして念頭に覚えておくと良いでしょう。

ポケモンGOや大手の出会い系アプリが本物かの判断材料として使えるのが、『デベロッパー名が取り扱うサイトを確認する』ということ。大手ならば必ずwebサイトへと繋がります。

プライバシーって?

プライバシーとはアプリケーションプライバシーを指します。あなたがアプリをインストールした際に【許可】を出す項目です。しかも、おかしなことにデバイスの管理者権限をインストール時に要求します。

この本来不要な管理者権限を許可すると、広告表示アドウェア、他の不正アプリインストール、不要な正規アプリを無断インストールしてそのアフィリエイト収入を得ようとするなどの活動を行います。とりわけ、先日GameSparkでもお伝えしたような、感染端末を遠隔操作可能にする機能を持つバックドア型不正アプリも悪質な例として確認されているようです。

また、不正/迷惑アプリではなかった24種の検体は、正規『ポケモンGO』APKファイルに広告表示機能を追加したリパックアプリ。これらに不正な活動は含まれていませんが、公式とは関係が無い第三者が広告収入を得ようとする悪質な動機があると言え、このような手口も多く見られます。

出会い系アプリにも同じことが言えるアプリがいくつか存在します。
もし、管理者権限などの要求を求めてきた際はすぐにアンインストールをすることをオススメいたします。