即会いができるのは、出会い系アプリを使っているユーザーにとっては大事な項目なのではないでしょうか?しかし、出会い系アプリの中にはサクラしかいなかったり年齢確認が無いアプリならば未成年の巣窟になりかねません。

そこで今回は、IPhoneアプリで上位に表示されている【メルパラ】について皆さんにお話しいたします。

即会いできる出会い系アプリ【メルパラ】を調べてみた

メルパラの特徴は以下の通り。

  • 運営会社:MIC GENERAL PLANNING INC.
  • 対応OS:iphone/android対応
  • 利用料金:ポイント制
  • 利用条件:電話番号登録(サクラ防止のため)
  • 事業届出:インターネット異性紹介事業届出済
  • メッセージ送信:一通60円

出会い系アプリ「メルパラ」は、web版のサイトで15年間の運営実績があります。 年齢確認や悪質ユーザーへの監視も有人体制で行っているため、男女ともに安心して利用できるサービスとなっていました。

出会い系アプリのメルパラは実際に出会えるのか

メルパラが出会えるポイントとして挙げられるのは以下の3点です。

  • 出会いを求めている男女が集まっている
  • 総務省と警視庁が認めた出会い系サービス
  • WEB版では15年以上の運営実績がある

何故メルパラが出会えるのか

その証拠が3つあります。そのうちの1つが、出会いを求めている男女が集まっているということ。

サクラやメールレディなどは運営側が全て有人体制で監視をしているため、もし不審な動きをした場合はアカウント停止になります。その点では、メルパラは「出会える系」と考えても良いでしょう。

総務省と警視庁が認めた出会い系サービス

メルパラは、「総務省 第二種電気通信事業」と「インターネット異性紹介事業」の両方の届け出を出しています。
これは、出会い系サービスの中では非常に珍しくしっかりとした運営をしていることが見受けられます。

「総務省 第二種電気通信事業」は名称通り総務省が認可した届出であり、他の電気通信サービスを借りてサービスを提供しているという許可証のようなものです。

「インターネット異性紹介事業届出」はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、異性がインターネット上で知り合うには、この届出が提出されている事が前提です。もし、届出が提出されていない場合は無許可で出会い系サービスを提供しているとうことになりますので警察に捕まってしまいます。

上記の2つの届け出を提出しているので、総務省と警視庁が認めた出会い系サービスとして安心して利用することができますよ。

WEB版では15年以上の運営実績がある

通常出会い系アプリというのは、ある程度出会い系サイトとして運営実績を残した場合にリリースされる事がほとんどです。悪質なサイトであれば、会社を設立しても1年持たないくらいで倒産してしまうので長続きしません。

出会い系サイトは年間に数億円という費用が掛かっていますから、メルパラやYYCの運営実績は出会い系業界では非常に長いといわれています。その点でも、安心してアプリを使っていただけるかと思います。

男性会員の料金表

  • 掲示板へのメッセージの投稿:5ポイント(50円)
  • 掲示板を見る:1~2ポイント(10~20円)
  • 掲示板の画像を見る:2ポイント(20円)
  • 掲示板の動画を見る:3ポイント(30円)
  • メッセージを送る:6ポイント(60円)
  • プロフィール画像を見る:2ポイント(20円)
  • プロフィール動画を見る:3ポイント(30円)

メルパラの料金は、メッセージを1通送る際にかかる料金が60円です。 優良な出会い系アプリの平均料金は50円から設定されていますのでほぼ同額と考えて頂けるかと思います。
さらに、メッセージに画像や動画をつけて送る際にポイントを消費するアプリもありますがメルパラでは消費することなく送る事ができます。

まとめ

メルパラでは、【まいにちガチャ】などでチケットやポイントをゲットできるほか年齢確認でポイントを貰う事ができます。出会い系アプリの中では出会いやすい出会い系アプリだと思いますので興味がある方は是非一度ご利用ください。