『Omiai』、『ペアーズ』、『with』など、それまでの所謂出会い系のイメージを払拭するほどに真剣度の強い婚活・恋活アプリ(サイト)も増えてきました。特に『with』は今後確実に急成長するであろう恋活アプリとして注目を集めています。今回はそんな中からひとつ、『ユーブライド』をご紹介します。

婚活アプリ(サイト)『ユーブライド』とは

ユーブライド(youbride)
株式会社Diverse
インターネット異性紹介事業
受理番号:30120005012

↑ご登録はこちらからどうぞ!↑

『ユーブライド』自体はかなりの老舗で、以前はライブドアが運営を行っていました。しかしその当時は婚活サイトというよりは出会い系寄りで、その分サクラや業者が多く、使いやすいサイトとはいえない状況でした。今現在の運営である株式会社Diverseは、『ユーブライド』の他にも『YYC』を運営しており、その親会社は株式会社ミクシィ。ミクシィといえばSNSの老舗中の老舗ですし、その分の安心感、信頼感は抜群です。

SNSとしてのmixi

GREEと並び、日本で最も早くサービスの展開を開始した老舗SNS。かつては完全招待制でしたが、2010年に招待制は廃止されています。

現在でもサクラや業者はいるのか

サクラがいるという話は過去の『ユーブライド』のことを言っていることが多いようで、実質サクラはいないと考えていいと思います。業者に関しては全くいないわけではありませんが、他の同様のアプリやサイトでも同程度はいますし、気にするほどではないかと。ゆっくりと時間をかけて業者か否かを見極める必要があるのはどこも一緒ということですね。

年齢層高めで男性多し

全体的に見て利用されている方の年齢層は少々高めのようです。中には70代で利用している方もいるとか・・・また、男性の登録者数も多く、そういう意味では女性にとっては売り手市場、男性にとっては激戦区といったところでしょうか。
ですので、当然女性の側には様々な年齢の方からメッセージが届きます。女性の側からしてみれば、極端な年上好きでもなければ自分の父親ほどの年齢の男性とはお付き合いしたいとは思わないでしょうし、結婚なんてそれ以前の問題かと思います。
また、顔写真の公開について、仲良くなった相手ならともかく不特定多数に見られることを嫌がる人もいると思います。そういう人のために、『ユーブライド』にはある機能が備わっています。

写真の公開範囲の設定

相手が顔写真を登録していない人には見られたくない、そもそも気になった人以外には見せたくないという人のための機能です。それを設定することで、公開範囲外の人には顔写真の代わりにアバターが表示され、顔はわからないようになっています。また、肝心の写真の公開にも手動による審査が入るため、他人の写真や加工された写真は使えなくなっています。

利用は男女ともに有料を謳っているが

『ユーブライド』は男女ともに有料会員となることで初めてその全機能を利用することができます。

プラン 料金
スタンダード1ヶ月 ¥3,980
スタンダード3ヶ月 ¥8,910
(¥2,970/月)
スタンダード6ヶ月 ¥13,920
(¥2,320/月)

ですが、無料のままでも実はメッセージのやり取りをすることができます。自分が無料会員でも相手がスタンダードプランに加入していればやり取りは可能です。ただし無料会員同士のやり取りは不可能ですのでご注意ください。

↓ご登録はこちらからどうぞ!↓

ユーブライド(youbride)
株式会社Diverse
インターネット異性紹介事業
受理番号:30120005012