出会いアプリには、実際に出会えるアプリと出会えないアプリがあります。
皆さんの中には『出会い系=ワンクリック詐欺』や不当請求などの犯罪を思い浮かべる人は多いと思います。

出会いアプリ

実際に出会い系の中には出会えない悪質サイトやアプリも多数ありますが、それと同時に会員数が数百万人にもなる人気出会いアプリも存在しますし、そこで知り合って結婚までたどり着く男女が年々増加傾向にあります。

結論を言うと、「出会いアプリ自体は危険性は低く、会員数が多くて運営実績がある出会いアプリなら安全」。

しかし、そうは言ってもまだまだ悪質アプリは多数存在しています。本当に出会えるアプリを見極めるためには見分け方を身につけなければなりません。そこで今回は、出会いアプリで悪質サイトに誘導する悪質アプリの見抜き方をご紹介いたします。

出会いアプリは優良と悪質の二つしか存在しない

出会いアプリ

スマートフォンに搭載されているOSは基本的に『iphone』か『android』が9割を占めています。その二つのOSでこと悪質な詐欺アプリが多く見られるのがandroidアプリです。

何故この差が生まれるのでしょうか?答えは、iphoneの『app store』とandroidの『google play』内のアプリに対する審査や仕組みの違いから生じます。特に個人情報の流出も多くトラブルが多発しているので、注意が必要です。

出会いアプリを見分けるためには

アプリで気を付けるべきことは、個人情報の流出。アプリをインストールすると同時に『パーミッション(許可)』を求められますが、それによって個人情報を抜き取られる可能性が高いです。

例えば、出会いアプリなのに電話帳のデータを求めるのはおかしいですよね?
マッチングアプリなのに、電話帳のデータを抜き取る必要はありません。しかし電話帳をパーミッション(許可)項目で選択されるということは個人情報を抜き取られている可能性が高いです。

このように不一致だと感じられるアプリはアンインストールするか、不審点を発見したら口コミサイトやアプリレビューで書かれている評価を確認しましょう。
出来る限り多くのサイトを参考にしつつ、アプリストアのレビューも複数確認することをおすすめいたします。

出会いアプリに多いサクラの存在

アプリに限らず、出会い系にも多くのサクラが存在します。
サクラ被害に遭わない為には最初からサクラがいない出会いアプリを見つけるのが一番ですが、現実的に出会いアプリを使うにあたりそれは難しいと考えても過言ではありません。

しかしサクラにはいくつか特徴があります。以下の項目に記載している特徴がみられた場合は『サクラ』と判断して結構です。

  • 裸や過激な露出が多い写メが使われている
  • メッセージのやり取りを始めてすぐに連絡先を教えてくる
  • メッセージの内容が卑猥・過激
  • アプリ内で日記が書かれていない

この項目を満たすのはサクラだと判断して大丈夫です。プロフィールを設定していないのにメッセージを送ってくる女性もサクラなので律儀に返信してはいけません。
アプリによっては『通報』という機能があるのですが、サクラがいるアプリの場合は運営会社がサクラを使っているので通報しても意味はありません。

出会いアプリ「ハッピーメール」や「ワクワクメール」を偽る非公式ブラウザアプリも

大手で出会えるアプリとして有名な「ハッピーメール」や「ワクワクメール」もandroidアプリをリリースしています。しかし、中には上記のアプリに類似した偽アプリも存在します。
そのアプリをインストールする際は、デベロッパー名(販売元)に注意しながら確認する方が良いでしょう。見分け方は、デベロッパー名が個人名であったり外人名であったりする場合は注意が必要です。

まとめ

本当に出会えるアプリと出会えない悪質アプリがあります。優良と言われているアプリに共通する特徴は以下の通りです。

  • 出会い系で有名な大手サイトからリリースされている
  • 運営実績が10年以上ある
  • 会員数が多い
  • 広告媒体が幅広い(街中の看板,ティッシュ配り,女性雑誌に掲載)

上記に挙げた項目が優良アプリに共通する特徴です。 出会えるアプリはどの紹介サイトにも掲載されているので自ずと見分ける事が出来ると思います。
出会いアプリ徹底比較はアナタの出会いを応援します。