出会アプリを使っている人なら、必ず関係する「出会アプリを使った性犯罪」

最近、出会アプリを使った犯罪は減少傾向にありますが、まだまだ被害に遭っている人も少なくありません。

昨年、出会アプリで「女子中学生3人とわいせつな行為をして捕まった男性」のニュースも記憶に新しいかと思います。

では、なぜ未成年が出会アプリを使って性犯罪に巻き込まれているのか。

今回は「出会アプリで増加する被害を事前に回避する方法」をご紹介いたします。

出会アプリを使った性犯罪増加の一途をたどる

出会アプリで出会った少女たちは、一体なぜ出会アプリを使うのか。

その一つの問題点として、「年齢認証が行われていない出会アプリを使っているから」に尽きる。

上記でも紹介した出会アプリを使った犯罪は、少なからずとも毎年発生しているのです。

基本的に出会アプリは、「年齢認証が必須」です。

異性紹介事業として行われているサービスには必ず出会い系規制法の対象となり、年齢認証が必要になります。

年齢認証方法としては、免許証などの写真を撮るか、クレジットカードでの決済で未成年でないことを確認しているのです。

もし、未成年が登録してメッセージのやり取りが出来ているとなると、上記の項目の年齢認証がされていないことになります。

サクラアプリではなく、本当に会えてしまうアプリ

年齢認証が無い出会アプリと言えば、「悪徳出会アプリ」だと思いがちですが、全くその逆なのです。

本当に会えてしまうから、犯罪が起きやすいのです。

出会アプリがリリースされているのは国内版か国外版か

出会アプリで最も注意してほしいのが、海外でリリースされた出会アプリか否か。

例えばTinderやSkoutなどが代表として挙げられます。その多くは本当に出会えるにも関わらず年齢認証は無いのです。

出会い系規制法は、あくまでも国内の事業者を対象としているので海外版の出会アプリは規制できないのです。

海外の市場はとても広く大きいので、そこで得た利益を使う場所が日本になると、結果「未成年でも出会アプリが使えてしまう」という状況になるのです。

もし、海外版の出会アプリを使われているのであれば、早急に対策が必要になりますよね。

だって、出会い系で遊んでいただけなのに、捕まって人生を棒に振りたくはありませんよね。

ですので、必ず年齢認証がある出会アプリに登録することをおすすめいたします!