以前、出会い系アプリでgps機能が付いているアプリは危険だとご紹介いたしました。
実は危険なアプリは見た目で判断できるんです!

今回は、危険な出会い系アプリの見分け方についてご紹介いたします。

出会い系アプリでgps機能付きは危険!

出会い系アプリを何度か利用したことがある方なら分かるかと思いますが、出会い系アプリのUI(画面表示)はほとんど一緒です。

出会い系アプリのUI(画面表示)で危険なアプリかどうかを判断することができます。

gps機能付き出会い系アプリUI

まず、最初の見極めポイントがヘッダー部分に【マップ】、【画像】、【リスト】、【絞り込み】という機能が表示されていますよね。

これは、ほぼ100%と言っていいほどサクラばかりの悪質アプリですのでアンインストールしましょう。

そして、アプリの設定画面にリンクすると【すれ違い通信機能】や【現在地情報を公開】となっている場合は気を付けましょう。
許可を出していないのに公開しているアプリは注意しましょう。

ユーザーを騙すための機能【gps機能】

出会い系アプリを使っているユーザーの誰しもが出会いを探していると思いますが、そこにつけこんで悪事を働く悪質業者が存在します。

住んでいる住所が分かれば、実際に近くに住んでいなくてもあたかも住んでいるようにメッセージ送信をするサクラはたくさんいますので、気が付いたらポイントを購入してしまっている…ということになりかねません。

情報を与えるだけ思うツボになりますので、gps機能が付いているアプリには十分に気を付けましょう。

出会い系アプリを利用する上で覚えておくこと

出会い系アプリには、上記で説明したように悪質なアプリもありますが一般女性ユーザーが登録しているアプリも存在します。
優良とされるアプリに共通する特徴は以下の通り。

  • アプリ開発者が個人名ではない
  • そのアプリを出している運営会社が10年以上の運営実績がある
  • メッセージ送信が100円以下
  • 街頭やCMなどで広告費をかけて宣伝している
  • 会員数が300万人以上いる

以上が優良と呼ばれるアプリの特徴です。

アプリ開発者が個人名の場合で、気になる方は【このデベロッパのwebサイトへ】という項目がありますのでそちらからご覧ください。
もし、無料HPサービスなどが使われていたら悪質アプリと判断して良いでしょう。

優良と呼ばれるアプリの背景には、大手の出会い系サイトが提供しています。
【大手出会い系サイト】と呼ばれるのは運営実績が10年以上だと言われていますので、YYCやワクワクメールなどは大手と考えて良いでしょう。

まとめ

出会い系アプリでgps機能が付いているアプリは危険だということを前編と後編に分けてご説明いたしましたが、いかがだったでしょうか。
あなたに素敵な出会いが出会い系アプリで見つかりますよう、今後も尽力いたします。