出会い系アプリに女性として登録してアプリなどを悪用する業者の中で最も割合が多く騙されやすいのが『援デリ業者』と呼ばれる違法デリヘル業者です。

違法デリヘル業者は、女性会員になりきって出会い系を使っている男性ユーザーを誘います。女性の魅せ方を良く理解しているので、かなりの男性が騙されています。

今回は、出会い系アプリを悪用している違法デリヘル業者についてお話いたします。

違法デリヘル業者とは

出会い系アプリ 業者

援デリ業者は、一般のデリヘルなどの風俗店とは全く異なります。

一般の風俗店は「風営法」という法律の基、合法的に営業していますが援デリ業者は法律に違反しているため表立たないように営業をしています。

一般のデリヘルの様に誘いに応じる方も中には居ますが、援デリ業者自体出会い系サイトを使い女性を管理売春をしています。
もし、援デリ業者らしきユーザーから誘われるのは危険なのでそういう場合にならないために見抜き方などを知っておきましょう!

援デリ業者は出会い系サイトで素人の女性と出会う上で邪魔な存在ですが、分かりやすい特徴がありますので他のサクラなどに比べると割と避けやすいです。

それでは、早速見ていきましょう。

中高年の既婚者というプロフ設定

何故中高年の既婚者に設定されているのか。それは、『年々人妻熟女系のサイトが増加しているから』です。

中高年の既婚者の男性は、割り切った関係を求めるので同年代である中高年の既婚者である人妻を探します。

会う時はお金を請求する

援デリ業者の分かりやすい見分け方は、会う際に必ず対価として「ホテル代と別に2万円」を請求してくるのが特徴。

風俗街やホテル街を待ち合わせ場所に指定する

東京の援デリ業者は、ほぼ五反田や西川口などの風俗街として有名な地域を指定します。

その理由は、「稼ぎの効率」が上がるから。
援デリ業者は、待ち合わせた男性と会い1~2時間程ホテルに行きます。そしてまた別の男性と会ってホテルに行って…という行為を繰り返していますので、その効率を良くするために必ずホテル街か風俗街で待ち合わせをします。

援デリ業者に騙されない為には

援デリ業者に騙されない為には、相手の女性のプロフィールに目を通しておくことをオススメいたします。

援デリ業者の特徴は、やたらと性的な内容をプロフィールに記載したり掲示板で『最初だけお願いがあります』と書かれている場合は要注意です!

そして、活動地域が『池袋や渋谷』となっている女性は危険です。もし上記の特徴を持つユーザーがいたら、通報しましょう。