恋活アプリを使うと、気になる異性が出てくるのは男女共にあること。しかし、男女によって『実際に会うまでどのくらいの期間を設けたいか』というのは異なってきます。

男性は女性よりも早く会いたいという傾向が出ていますが、女性は一か月以上期間を設けてから実際に会いたいと考えています。
お互いに「会いたい」と思わなければ、せっかく出会ったのにも関わらず時間だけが流れていき最終的には結局出会えなかった…という結果になりかねません。

そうならないためにも今回は、恋活アプリで実際に会うまでにどのくらい時間がかかるのかを解説していきます。

恋活アプリで会うまでにどのくらいかかる?

出会系アプリ

女性の中で『一か月以上の期間を設けたい』という方もいらっしゃいますが、一か月以上というのは1日1通のメールのやり取りだったとしても相手のイメージがしっかりと固まってくる頃です。
「イメージがしっかりと固まってから会う方が安心です!」という意見も聞こえてきそうですが、もし実際に会った時にイメージと違っていたらどうしますか?

断りますか?それとも、会うだけ会いますか?
メールでは良い感じだったけど実物を見たらなんかイメージと違った…と実際に会って失敗するケースは良くあります。お互いにダメージも大きく、次の相手を探すのも時間がかかりますのである程度メールのやり取りをしたらまずは会ってみた方が良いでしょう。

恋活アプリ内でやり取りする期間とは

1日1通だけなら3週間で、もっとやり取りをしている人なら2週間ほどで大体イメージができてくるはずです。顔写真を掲載している男女が多いため本気度は高めでしょう。

2~3週間も連絡の交換が続いているならば、お互いに興味があると思って間違いありません。
何度メールをしても実際に会ってみなければお互いの事は分かりませんよね。恋活アプリを利用して結婚相手を探している人は男女共に控えめで慎重な人が多いので、「ずっとメールしてるけど全くお誘いが来ないなぁ・・・」と感じたならあなたから誘ってみてもいいかもしれませんよ。

会うまでに時間をかけるデメリット

会うまでに時間をかけるのは、お互いに「失敗したくない…」という恐怖心から会うタイミングを逃してしまっているのです。
しかし、実際に会ってみなければ相手のことが分かりませんよね。

ですので、1人目で決めようとせずに「最初から良い人はすぐに見つからないよね!」という気持ちで恋活をすると気が楽になりますよ。

  • イメージと違っていた時のダメージが大きい
  • 途中でライバルにもっていかれる可能性がある
  • 連絡が次第に減っていく

お互いのタイミングもありますが、2~3週間メールのやり取りをして実際に会ってみることが恋活アプリで成功するコツ。ダメならすっぱりと諦めて、次に進む方が良いでしょう。しかし、1週間ほどで会いたがる男性には気を付けてくださいね。

まとめ

恋活アプリで会うまでにどのくらいの期間がかかるのかをご紹介いたしましたが、相手を誘うのは男性も女性も関係ありません。
なぜなら、恋活アプリを使っている男性の中には自分から積極的に行動出来ない人もいます。そのため、女性から誘うのも1つの手ですよ!