出会アプリを今や知らない人はいないほどの大人気ツールになりました。

出会アプリの中には、「斎藤さん」などもある。不特定多数と無差別に出会えるという、全く新しいコンセプトが10代の若者にウケたのは記憶に新しい。

しかし、その中ではスマホアプリが悪用され、事件になったケースも少なくはない。10代の少女たちが出会アプリにハマる理由とは一体何なのか。そして、出会アプリに求めているものは一体どんなものなのか。

そこで今回は、10代の少女たちに出会い系アプリについてどう思っているか直撃してきました。

Q.出会アプリに対して、どう思いますか?

出会アプリとして有名な「斎藤さん」ですが、実際に出会えるのは10回に1回です。特に気を付けてほしいのは、「斎藤さん」は年齢認証システムが無く、未成年のユーザーも多数存在しています。 ですので、犯罪に巻き込まれる可能性はかなり高く、実際に犯罪も起きています。 しかし、大手の出会アプリの「ハッピーメール」や「ASOBO」などはきちんと年齢認証システムが整っており、お試しポイントで実際に会う事も出来ますので利用者からの評判も良いです。 実際に当サイトで紹介している出会アプリを使っている10代少女に直撃してきました。

「出会アプリで色んなアプリを使ったんですけど、やっぱり安心して出会えるのはハッピーメールでした。今その人とお付き合いしてますよ。」
(18歳,OL)

「会う前に必ずLINEで通話で話しますね。相手の雰囲気とかもある程度分かるので。」
(19歳,学生)

「出会い系サイトはすごく危険なイメージがあって怖いですけど、出会アプリならなんとなく流れで会うことになってもアリかなって思います。」
(18歳,フリーター)

元々スマートフォンは、時間と空間を飛び越えて出会えるのが最大の魅力ですが、このスマホの最大の欠点は未成年が巻き込まれること。

援助交際を強要させられたり、中には強姦されたりと未成年が性犯罪に巻き込まれる可能性も高いです。もちろん相手の男性は必ず捕まり、軽い気持ちでやったとしても最悪の場合、将来を棒に振るケースもあるのです。人生を棒に振らない為にも、しっかりとした大手サイトの出会アプリを使いましょう。